日本の祝日は、そのまま国民の祝日の事を指します。名称に差こそありますが、指しているものは同一のものです。
あまり聞き慣れない単語ですが、現在の日本の生活様式にも密接に根付いており、ハッピーマンデー制度などの制度も、関連しています。
以前は祭日と合わせて祝祭日などとも公式で呼ばれることがありましたが、現在は法律の改正などにより祭日が無くなったため、この呼び方をされることはなくなりました。
日本の祝日は「その日を休日とすること」「日曜日と重なった場合にはもっと近い休日ではない日に振り返ること」を始めとした細かい内容が国民の祝日に関する法律の第2条によって定められています。
また、あまり話には聞かないことですが、日本の祝日として定められている日に前後を挟まれた日は「平日であっても休日とする」と定められており、この日は祝日ではなく「国民の休日」として扱うように定めています。
現在の日本の祝日は年間で15日定められています。また、以前は日付で決めていたものの一部はハッピーマンデー制度により、月曜日に固定され廃止、曜日を固定されたものもあります。
これらのことなども「国民の祝日に関する法律」によって、非常に細かく明記されています。

日本の祝日の中には法律の施行に伴い廃止されたものなどもあります。
紀元節や、天長節、正月などがその代表です。しかし、廃止されたものの名称を変えて同じ日に違った名称で設定されているものもあります。紀元節は同様の日が建国記念の日として設定されています。正月なども現在では元日に形を変えて残っています。逆に今後増える予定の日本の祝日もあり、今後は更に年間の休日の日数が増える可能性もあります。

このように日本の祝日は、あまり聞かないですがしっかりと法律によって定められ施行されています。
詳しい内容まで触れることが少なく、なんとなく休日として過ごしてしまいますが、日本の祝日は非常に身近な制度の一つと言う事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>