日本には国民の祝日があり、日本の祝日の数は世界と比較しても多い方と言えます。
日本の祝日にはそれぞれ祝日の意味や由来があります。
祝日法では元日を年のはじめを祝う日として定めています。
成人の日は1月の第2月曜日となっていて、1999年までは1月15日が成人の日と定められていましたが、現在では1月の第2月曜日に移動しています。
祝日法ではこの祝日の意味は、大人になったことを自覚して、自分の力で生き抜いていこうとする青年を祝って励ますこととなっています。
2月11日は日本の祝日で、建国記念日です。
祝日法ではこの祝日の意味として、建国をしのんで国を愛する心を養う日と定められています。
3月20日または21日は、春分の日で自然をたたえて、生物をいつくしむ日として定められており、前年の2月に国立天文台が計算した春分日をもとにして決定しています。
4月29日は昭和の日で、昭和の時代を顧みて日本の将来に思いをいたす日として制定されており、昭和天皇の誕生日が国民の祝日となっています。
5月3日は憲法記念日で、日本国憲法が施行されたことを記念して、日本国の成長を期待する意味で作られた祝日です。
5月4日はみどりの日で、自然に対して親しみを持つことと、自然に対する恩恵に感謝して豊かな心をはぐくむことを目的として定められています。
5月5日はこどもの日で、子どもの人格を尊重して、子どもの幸福をはかり、母に対して感謝する日となっています。
7月の第3月曜日は海の日として制定されていて、海の恩恵に対して感謝するとともに、海洋国家である日本の繁栄を願うことが趣旨となっています。
9月の第3月曜日は敬老の日で、多年にわたって社会に貢献してきた老人に対して敬愛を持ち、長寿を祝う日として定められています。
10月の第2月曜日は体育の日で、スポーツに励んで健康的な心身を培うことを目的とした国民の祝日です。
11月3日は文化の日で平和と自由を愛して文化をすすめるという趣旨を持って制定されています。
11月23日は勤労感謝の日で、勤労をして生産を祝い、お互いの国民同士で感謝しあう意味の祝日です。
このように日本の祝日にはそれぞれの祝日の意味があり、日本国民の生活を向上させる目的のあるものと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>